心電図の異常について

心臓の筋肉が収縮する際に発生する電流を記録する“心電図”は、不整脈の検査には欠かせないものとなっていますが、他にもその波形の異常から心臓疾患を特定することができます。

 

“左室肥大”になると左室の心筋が分厚くなって硬くなるために、血液不足に陥ったり、収縮時に余分な力が必要となったり弛緩時に元に戻りにくくなったりします。

 

軽度の左室肥大では収縮時のR波が高くなるものの弛緩時T波は正常というのが多く、深刻な左室肥大ではR波の異常に加えて、ST波、T波も異常を示すと言われています。

 

ただし、やせて胸壁の薄い人は波形の振れが大きくなりやすいために健診などでは心肥大の疑いがあると診断されたり、逆に肥満気味の人や肺気腫の人は心肥大があっても見逃されてしまうケースもあるようです。

 

次に心臓の血管が細くなっている“狭心症”の場合は、ST波が基線よりも下にある水平型や下降型を示します。

 

これを“ST低下”と言い、正常な場合には収縮が終わった時点で発生するST波はやや大きめのドーム状をしていますが、心筋の内側で虚血が起きている場合はこのような低い波形になります。

 

“心筋梗塞”の場合は、心電図の波形は時間とともに変化するのが特徴で、発症直後にはST波が上昇し、2~6時間経過するとこれに加えて心筋の収縮が起こる時点で発生するQ波が異常に低下し、2~3日経つとT波の向きが逆転することから、診断では波形から発症後どれくらい時間が経っているかを知ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>