心臓の血管疾患≪大動脈≫

心臓から全身に血液を送り出す“大動脈”は直径2~3cmもある太い血管で、外膜、中膜、内膜という3つの層からなっています。

 

老化や動脈硬化、炎症、感染、外傷などが原因となって、大動脈が心臓から送られてくる血液の圧力に耐え切れなくなり血管の内腔に病的に拡張して膨らんだ部位が生じることがあります。

 

このような状態を“大動脈瘤”と言い、横隔膜より上にできたものは“胸部大動脈瘤”、下にできたものは“腹部大動脈瘤”と呼ばれています。

 

“大動脈瘤”には、血管の3つの層が全体的に膨らんで瘤状になる“真性大動脈瘤”と、血管の3つの層に穴があいてそこから漏れた血液が周りの組織を圧迫して瘤状になる“仮性大動脈瘤”、そして内膜に亀裂ができて中膜との間に血液が入り込んでどんどん裂け目が広がる“解離性大動脈瘤”というように拡張の仕方によって3つのタイプがあります。

 

中でも壁が欠けてしまっている“仮性大動脈瘤”は、膨れているだけの時には症状は殆どありませんが血圧が高くなると破裂しやすくなり、破裂すると何の前触れもなく、胸や背中に今までに経験したことがないと感じるくらいの激痛が走り、息が苦しくなったり、意識障害がでることもあります。

 

また、“解離性大動脈瘤”は血管が裂けるために発症時には胸や背中、お腹にかなり強い痛みが起こります。

 

いずれにしても、心臓の血管がこのような異常を知らせるメッセージを送ってきたらすぐに救急車を呼んで、一刻も早く医師に診てもらう必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>