月別アーカイブ: 2013年3月

心臓の血管疾患≪大動脈≫

心臓から全身に血液を送り出す“大動脈”は直径2~3cmもある太い血管で、外膜、中膜、内膜という3つの層からなっています。

 

老化や動脈硬化、炎症、感染、外傷などが原因となって、大動脈が心臓から送られてくる血液の圧力に耐え切れなくなり血管の内腔に病的に拡張して膨らんだ部位が生じることがあります。

 

このような状態を“大動脈瘤”と言い、横隔膜より上にできたものは“胸部大動脈瘤”、下にできたものは“腹部大動脈瘤”と呼ばれています。

 

“大動脈瘤”には、血管の3つの層が全体的に膨らんで瘤状になる“真性大動脈瘤”と、血管の3つの層に穴があいてそこから漏れた血液が周りの組織を圧迫して瘤状になる“仮性大動脈瘤”、そして内膜に亀裂ができて中膜との間に血液が入り込んでどんどん裂け目が広がる“解離性大動脈瘤”というように拡張の仕方によって3つのタイプがあります。

 

中でも壁が欠けてしまっている“仮性大動脈瘤”は、膨れているだけの時には症状は殆どありませんが血圧が高くなると破裂しやすくなり、破裂すると何の前触れもなく、胸や背中に今までに経験したことがないと感じるくらいの激痛が走り、息が苦しくなったり、意識障害がでることもあります。

 

また、“解離性大動脈瘤”は血管が裂けるために発症時には胸や背中、お腹にかなり強い痛みが起こります。

 

いずれにしても、心臓の血管がこのような異常を知らせるメッセージを送ってきたらすぐに救急車を呼んで、一刻も早く医師に診てもらう必要があります。

心臓の血管≪冠動脈≫

血液には、酸素や栄養素を十分に含んだ動脈血が大動脈を通って体の組織に送り出されて体の組織で使われ、それによって生じた二酸化炭素や老廃物等を多く含んだ静脈血が静脈を通じて心臓にもどるというしくみの“体循環”と、

肺に送られた静脈血が酸素と二酸化炭素のガス交換を行って再び酸素をたっぷり含んだ動脈血となって心臓にもどる“肺循環”という2つの循環経路があります。

 

私たちの体の筋肉や臓器というのは、このようにして作りだされている動脈血が送り込まれて絶えず酸素が供給されることによって十分な機能を果たすことができますが、中でも心臓の筋肉である心筋は他の組織の約3倍もの酸素を必要とするために、まず心臓へ血液が優先的に送られるしくみになっています。

 

心臓の筋肉に血液を送り込んで酸素や栄養素を届ける役割を果たしているのが“冠動脈”で、大動脈とつながって根元で左右に分かれ心臓の表面を冠状に取り囲んでいます。

 

 

“狭心症”や“心筋梗塞”といった“冠動脈疾患(虚血性心疾患)”は、“冠動脈”のけいれんや動脈硬化が原因で心筋への血流に障害が起こる病気で、があります。

 

原因は、動脈が年齢とともに硬化したり内側の壁にコレステロールなどが徐々に蓄積していって血管の内腔が狭くなり、それによって血液の量も少なくなって心筋に十分な酸素や栄養素が供給されなくなる“動脈硬化”だと言われており、初期段階では胸の痛みや圧迫感という狭心症特有の症状によって心臓は私たちに動脈内に異常が起こっていることを教えてくれます。

 

また冠動脈内の膨らみが破れてそこに大きな血栓ができ動脈が完全に閉塞してしまうと、血流が途絶えて心筋梗塞となり、心筋は壊死寸前の状態となり胸が押しつぶされるような痛みや嘔吐、息切れ、大量の冷や汗などによって心臓は私たちに命にかかわる一大事が起こっていることを伝えます。

心臓の壁≪心内膜≫

心臓は一番外側にある薄い膜状の“心外膜”、次に心筋繊維で構成される“心筋膜”というぶ厚い筋肉層、そして一番内側にある薄い膜状の“心内膜”という3つの壁で構成されています。

 

3つ目の壁“心内膜”の病気の1つ“感染性心内膜炎”には、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などの毒性の強い菌に感染することによって高熱や頻脈、倦怠感などが起こり突然発症し、数日のうちに命の危険にさらされる“急性感染性心内膜炎”と、緑色連鎖球菌やブドウ球菌、大腸菌、緑膿菌、セラチアなどといった細菌やウィルス、カンジダやアスペルスなどの真菌が原因となって起こり、数週間から数カ月かけて知らない間に発症してじわじわと進行する“亜急性感染性心内膜炎”とがあります。

 

これらは内膜や弁膜、さらには心筋や弁に炎症を起こし細菌や血液のイボ状の塊をつくり、心臓や弁膜にくっつくことによって弁を壊して血液の逆流やショック状態を起こしたり、それらの塊が全身の血管へ拡がって脳や肺、腎臓、脾臓などを閉塞して脳梗塞や肺梗塞、腎梗塞、脾梗塞たりといった深刻な病状を引き起こすもので、命にかかわる非常に危険な病気とされています。

 

また、“亜急性感染性心内膜炎”の患者には先天性の心疾患や弁膜症などの基礎疾患のある人が多く、これが原因となってできた心内膜の傷に、虫歯や歯槽膿漏、抜歯などの歯科治療や、分娩、妊娠中絶などの婦人科治療、血管や尿道のカテーテル検査などに伴って外部から侵入した細菌やウィルスなどが住みつくことで炎症が起こるために、症状を見逃さずに発症を予防することが非常に大切だと考えられています。

心臓の壁≪心筋膜≫

心臓の一番外側を取り囲んでいる“心外膜”の内側にあるのは、“心筋膜”という心筋繊維で構成されるぶ厚い筋肉層で、心房は浅層と深層という2つの筋肉層から、また心室は外層、中層、内層という3つの筋肉層から構成され、心臓の一番外側にある“心外膜”と心臓の一番内側にある“心内膜”に挟み込まれて存在しています。

 

“心筋炎”はこの部分に炎症が起きて心筋が破壊され心臓の機能が低下する病気で、かつては連鎖球菌の感染で喉がはれて体に発熱が起こるリュウマチ熱や、ジフテリア菌に感染して起こるジフテリアに伴って発症するものが多かったのですが、最近ではインフルエンザウィルスやアデノウィルス、エコーウィルス、コクサッキーウィルスなどの日常普通にみられるウィルスに感染することが原因となって引き起こされる“ウィルス性心筋炎”が問題となっています。

 

これらのウィルスに感染しても心筋炎を発症する確率というのは高くはありませんが、一旦発症すると初期には発熱やせき、頭痛、咽頭痛、倦怠感や吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などといった消化器官の症状が出て、その後で動悸や不整脈、息切れ、胸の痛み、呼吸困難といった心不全の症状や関節痛、筋肉痛、発疹などの症状が出ます。

 

そしてウィルスに直接効く薬はないので、心不全などの合併症を引き起こさないようにするための対症療法を中心とした治療が行われます。

 

中にはあまり症状が出ないまま進行するものもあるので、まず患者自身が風邪として見過ごさないようにすることが大切だと言われています。

心臓の壁≪心外膜≫

心臓は、3層の壁からできています。

 

まず一番外側の壁は“心外膜”という透明で薄い膜で、心臓の表面に密着して心臓に出入りする血管を覆うように存在しています。

 

この膜は、心臓の動きをスムーズにするために二重の袋状になって、そこにはごく少量の液があって潤滑油の役割を果たしていますが、炎症を起こすと浸出液がたまって“心外膜炎”を引き起こします。

原因としては結核やアレルギーなどいろいろありますが、中でも最も多いのがウィルスの感染によるもので、ポリオ、インフルエンザ、風疹、アデノウィルス、コクサッキーウィルスなどが挙げられます。

 

他にも心臓の手術後や心筋梗塞の急性期、事故による外傷、膠原病、ガン、放射線などが原因となることもあるようです。

 

“心外膜炎”の初期は風邪に似ていて、発熱、咳、倦怠感などといった症状が現れ、医師に診てもらっても風邪と診断されることが多いのですが、次第に胸部の圧迫感や動悸、顔や足のむくみ、尿の減少、脈拍の乱れ、首から肩やみぞおちにわたる広範囲にさすように鋭い胸の痛みといった心外膜炎特有の症状が現れ、横になるとより強い痛みを感じるようになります。

 

さらに重症化すると、意識を失ったり突然死を招くこともありますが、すぐに治療を開始すると2週間から長くても3カ月以内には治癒すると言われています。

 

症状の変化というのは自分でしか感じることのできないものですので、心臓の発する声に耳を傾ける習慣をつけておき、風邪とは違う胸の痛みなどの症状が起こった場合には初期の段階で早めに受診することが大切です。